前へ
次へ

法律で6歳未満はチャイルドシート着用の義務化

赤ちゃんのいる家庭では、何かと生活のすべてが、まだ何もできない赤ちゃんを中心に送ることになります。自動車に乗るにしてもそうであり、大人のように普通に乗車ができるわけではありません。赤ちゃんを自動車に乗車させる際には、法律でチャイルドシートの着用が義務化がされています。体も小さく自分を守る手段も持たない段階ですから、大人みたいにシートベルトをすることはできません。なぜシートベルトをするべきなのか、自動車完全に安全な乗り物ではないことなど、世の中の怖いことなど全く知るはずのない年齢ですから、親が法律を守り乗車をさせる必要があります。道路交通法の改正が行われたのはすでに2000年の話であり、現在ではチャイルドシートの着用は義務です。保護者たちの自由意思に任せるものではなく、義務化されていますのでかわいい赤ちゃんを守るためにも使用しなければなりません。6歳未満の子供であれば、全員がチャイルドシートを着用する対象です。

Page Top