前へ
次へ

危険なウイルスから国民を守る法律とは

ウイルスには色々種類が存在しますが、昔から存在するウイルスであれば多くの人間が免疫を獲得しているので、多くの犠牲者が発生するような事態は起きません。しかしウイルスは常に一定の状態を持続させるのではなく、変化をしていくので、新型のウイルスが発生するリスクがあります。新型のウイルスの場合は多くの人間が免疫を持っていない状態なので、蔓延をすれば多くの人間が犠牲者になってしまうリスクがあり、とても危険です。新型のウイルスから国民を守る法律には新型インフルエンザ等対策特別措置法が該当してきますが、ネーミング通りにインフルエンザなどの新型のウイルスを対策するのがメインになります。新型インフルエンザ等対策特別措置法は国民に厳しい制限を与えるような法律のイメージもありますが基本的人権が尊重されるので、必要最小限の制限でなければいけないことになっています。治療薬が存在しない未知のウイルスが蔓延している状態でも国民に安心感を与えてくれる法律になるので、とても大切な存在です。

Page Top