前へ
次へ

強要罪などの法律があります

お酒を飲むことが好きな人にとっては宴会の場というのは楽しい空気の中でアルコールが人格を崩壊させることもあります。そんな飲み会でも気をつけないと法律に違反する行為をしていることで、訴えられるケースがあるのを知っておくことです。例えばこういったケースがよくみられるのが、上司が自分の部下に対してお酒を強要するパターンがあります。義務がないことをやらせて脅迫や強要すると、強要罪が適用されることがあります。これはもちろんやった側にそういった意図がなかったということもありますが、本気で嫌がっているケースでは心身的なダメージが残ります。そうなるとどんなに意図がなかったとしても訴えられた場合は強要罪や、または押さえつけて飲ませるなどのケースでは傷害罪も考えられてきます。もちろんパワハラということで片づけられますが、企業での対策の前に訴えられるとそれに従わないといけません。法律は誰しも行使できる権利ですから、トラブルのないように理解をしておくことです。

Page Top