前へ
次へ

その業界のための法律などがある

業種によってはその業種のための法律というのができていたりします。その業者を始めるにあたり必要になってくる許可を得るための法律であったり、その業種の人達の行動などを制限したりあるいは定義したりというようなことのために使われる法律になります。別れ水ことで言ってしまうと例えば警備業界には警備業法という法律がありますし、探偵には探偵業法というのがあります。これらが所謂、業界法と呼ばれるものであり、当然ながらしっかりと守らないとこういう法が作られている業界というのは許可制であるということが多いので許可が取り消されるなんてことがあるわけです。かなりしっかりと理解していなければ駄目ということも多く、法定研修などによってその知識を身につけさせた人が一人は事業所にいないと駄目みたいな規制がつけられていることも多いです。これがとても大事なことになっているわけです。一般人に関係はないことではありますが特定の人には大事な法になります。

Page Top