前へ
次へ

車からの水しぶきに関する法律の手続き

雨が降ると地面が土の部分だとどんどん土の中に吸収されます。しかしアスファルトの道路だと吸収されないので側溝などに流れていきます。ただ道路の中には凸凹があったりして側溝まで流れずに溜まってしまうところもあるでしょう。水たまりがある部分を車が走ると沢山の水しぶきが周辺に飛び散るのでしょうが、その近くを人が歩いていて水しぶきを受けたらどうなるかです。服がびしょびしょになるだけでなく、持ち物の価値を減らす可能性もあります。車からの水しぶきに関する法律の問題として、もし損害が生じたのであれば損害賠償することができます。洋服が濡れればクリーニング代などが請求できるのかもしれません。法律の中では道路交通法において水たまりを通行するときの注意があり、歩行者などに迷惑をかけてはいけないとしています。この違反に対する罰金も決められているので、見つかった時には罰金を支払わないといけないときもあります。実際に取り締まられるケースは少ないようです。

Page Top